カレンダー
2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

広報とネット

企業の広報には、どんな動画配信の在り方があるでしょうか?
当然、民法で広報ビデオを流すとなると、天文学的な媒体費用がかかってしまいます。

民法のような媒体だと、見ているとされる母数は大変な数になりますが、その中のどれくらいの人が本当に見ているのでしょうか?
折角、大変な媒体料を払って、動画を公共の電波に流したとしてもあまり意味がないかもしれません。
そこでオススメしたいのが、データセンターの動画配信システムを利用した広報です。

データセンターの動画配信システムなら、大抵の場合はストリーミング再生の形式ですから、誰も彼もダウンロードすることはできません。
また、データセンターは、ソフトな面でも、当然ハードな面でも大変堅牢な設備なので大切な動画データを傷つけることはありません。
データセンターは、その堅牢さが売りの建物ですから、大災害や大停電が起きても大丈夫です。

また、ネット上の道外配信にすれば、民法に出稿した場合と比べると大きく媒体料を抑えることができます。
従って、データセンターの動画配信システムを利用した広報は、費用の面でも、効果や安全性の面でも優れていると言えます。
もし、動画を用いた広報を考えているなら、データセンターの動画配信システムを使った広報をオススメします。